日本語教師になるための講座|スピード取得の秘密

慣れる事もポイントです

英語

インとアウトセットで行う

英会話が必要とされる場面が増えており、自分で英会話教材を購入する人も見られます。英会話教材は、様々な形で利用する事ができます。英会話教材の代表的なものとしては、聞いて話すタイプのものがあります。内容としては、日常の場面やトラベル英語表現などが多くあります。まずは見本のアウトプットをCD形式で聞き、リピートして自分がアウトプットのトレーニングをする内容です。ですので、CDには、利用者がアウトプットする時間を設けている場合も多くなります。初心者の場合には、自分が口に出して言うまでに時間を要する状態になる事もあります。一定の時間が過ぎると、他の表現がCDから流れる事になります。この様な場合には、苦手な表現などを複数回練習して、スムーズに口に出して表現できる様にしておくのもコツになります。慣れが必要になってくるため、とにかく繰り返しインプットとアウトプットを行う事がポイントです。英会話教材は、サスペンスなど、物語形式で進む内容もあります。英会話に慣れていない人にとっては、単語を拾うのも難しい場面を経験する人もいます。しかし、繰り返し聞くという作業を行う事で、やがて物語のどの場面に進んでいるのかなどを把握できる様になります。つまりは、英会話教材を利用する場合、その作業を行う際の集中力も必要とされるのです。スタートは、聞き流すしかできなかったとしても、耳が慣れる、即ち脳が慣れる事も重要になります。英会話教材は、そこから利用者のアウトプットが始まっているといえます。